個別指導塾は中学受験に対してメリットが多い

これからお子さんの教育をする上で、中学受験を前提としているのであれば個別指導塾に通わせるべきです。ここでは、最初に私立中学への入学に関する多くのメリットをご紹介します。その後、学習効率の良い個別指導塾の長所について取り上げます。
まず学校の性質にもよりますが、エスカレーター式に進学できる為、高校受験に悩まされる必要がありません。特に有名私立大学の附属高校へ進むことを前提としているのであれば、センター試験で悩む必要がなくなるのです。特に中学入試の場合、大学のそれに比べれば応用力を求められる問題はあまり多くありません。むしろ、基礎学力さえあれば十分に合格できるチャンスがあるからです。したがって、将来の進学先を見据えているのであれば、早めに決めてしまえるという点で優れていると言えるでしょう。
次に、ある種のエリート階級の中で育つことができるという点が挙げられます。一般的に公立中学校では地域内の子どもが全員集まる訳ですから、学力には各自ムラがあります。授業を行う側としてはできるだけ出来ない生徒にレベルを合わせることになります。特に中学校という義務教育の環境では、秀才や天才は育てにくいという実情があるのです。しかし、中学受験によって入試をパスできる学生は一定レベルの学力を持っていますから、ある程度難易度が高くても問題なく理解できるという前提のもと、授業が進められることがほとんどです。お子さんの授業環境として非常に優れていると言えるでしょう。
さて、このような中学受験への入学ですが、学校に応じて傾向や対策が異なるものですが、画一的に指導を行う進学塾では細やかな配慮を行うことができません。学力アップを図る環境としてはやや物足りないと言うのが実情です。
個別指導塾のメリットはこのような部分にあります。つまり、マンツーマンで講師がついてくれるというメリットがあり、学生側のわからない部分についても理解できるまで教えるというスタイルができあがっているのです。もちろん、学校ではこのような体制を整えることはできません。
家庭教師と比較してもメリットがあります。それは場所が固定されていることから、当たり外れが少ないということです。家庭教師の場合、どうしても大手とそうでないところでは大きな差があります。しかし、自ら出向く進学塾と違い、どのような人達が指導をしているのか見えにくいという点が挙げられます。また、自宅に訪問するので気を遣うところもあります。このような問題点を考慮することが必要です。