中学受験の在り方

中学受験を私自身経験したことは無い。
私が子供の頃は、住んでいる地域によって定められた小学校は元より中学校も校区分けされた指定の学校へ通うことが当たり前だった。
当時全く中学受験という言葉を耳にしなかったかというとそこまででは無かったものの、よほど勉強の出来るほんの一部の男児のみが受験していた記憶がある。
実際自分のいたクラスにも一人、品行方正で文武両道の男児がおり、地元では有名な私立の中学を受験するのだと聞いたことがあった。

中学受験、現在は昔に比べ私立の中学校も続々と増えており身近なものになってきているようだ。
個人的なことではあるが、私も最近になってその言葉をよく耳にするようになってきた。
知人の子供さんが受験をした、まもなく中学入学を控えているが、公立の中学ではなく私立の中学を目指している、等だ。
中学は受験をしなくても義務教育であるが故、何もしなくても地元の中学校に入学することが出来る。そこをあえて皆が遊んでいる時期に勉強し、何故私立の中学へ行きたいのか、私は始めは分からなかった。
元々私はどちらかというと勉強が苦手である。なので余計に疑問に思うのかもしれない。

そこで、実際に受験をした子達に直接中学受験に至った理由を聞いてみたり、ネットで中学受験をする理由を調べてみた。
まずきっかけとしては、中には子供自身がどこからか受験を経て入学する中学校の情報を入手し、自ら中学受験を希望する子もいるらしい。 しかしそのような子は稀で、大抵の子供は親の方から何らかの情報やきっかけを与えることにより中学受験の道へ進むらしい。
そして受験に踏み切った理由としては進学に有利である、学校見学に行ってみて校風が気に入った、ハイレベルな勉強に取り組みたい、中高一貫なので高校受験の煩わしさやその際の無駄な時間を取られない、等様々であった。
この理由は親子ともに重複しているものもあった。
「なんとなく親に勧められたから・・・」そんな理由もあるだろうと思っていた私には上記のような明確な回答ばかりだったことに正直驚いている。
こうなってくるといずれ中学生になる子を持つ私も、少し中学受験に興味が湧いてきた。

今の時代、受験の有無は別にしても環境や保育方針を考え、幼稚園から私立の幼稚園に通う子供達も沢山いる。
そう考えると中学受験も内容の差はあれど動機やきっかけは似通ったところがある。
これから先、少子化が進んでいることもあり、親が子供にかける期待もお金も増えていくであろう。
そうなれば中学受験ももっと身近なものとなる日は近いのかもしれない。